2013年 05月 13日
キース・ジャレット・トリオ 大阪公演 2013 #jazz #ジャズ 
こんにちは
5連敗の後、鹿児島、熊本の九州新幹線シリーズを2連勝といういい形で交流戦に突入できる福岡ソフトバンクホークス、明日は広島でカープ戦、1日休んで甲子園で阪神戦です。私の予想はカープに1勝1敗、タイガースに2敗です(号泣)

ホークス・ファン、プロ野球ファンの皆さんへの特典はこちらをご覧下さい

新着や最近のおすすめ、グラスワイン、グラス・シャンパンは「カテゴリ」からどうぞ。ベンリアックとグレングラントは独立しています。完売した商品もございますので予めご了承下さい

d0204668_125957.jpg


さて標記の件、久しぶりにコンサート行ってきました。今回は有名人気ジャズ・ピアノのキース・ジャレット・トリオです。結成30年、最後の来日公演だそうで、何が何でも行くつもりでしたが、大阪公演が5/12の日曜日だったのでラッキーでした。「唸り声が煩い」とあまり好きではない恐妻も誘いました。2人でジャズのライヴに出かけるのは初めてでした。

前日の恐妻と長女の会話
妻「明日のコンサートは何やったっけ?」
長女「え?知らんの!?」
妻「唸るピアノのおっさん?」
長女「あ~、はいはい」
妻「いや、シマシマのギターのおっさんかな?」
長女「あ~、はいはい」

唸るピアノのお爺さんでしたw

d0204668_1245418.jpg


詳細は遠慮しときますが、これまでもライヴ体験や数々のCDの中でも最高位の作品に比肩する演奏だった、と思います。きっと3人とも体調が良かったのではないかと想像しています。今回の来日公演、大阪は曲の途中で中断とかあったので無いでしょうが、どこかの演奏がCD化されないか、と期待しています。

d0204668_127565.jpg


演奏以外にはいろいろありました。新生した大阪フェスティバル・ホールは、ホワイエができていて開演前や休憩中にコーヒーやビール、ワイン、軽食を取ることができます。座席も数センチ広くなったようで、大きくなった日本人サイズに合わせたのだと思います。音響は相変わらず良いはずだったのですが、ピアノの音がクリアではなく、ややくぐもったようなぼやけたような音色で残念でした。ただキースの唸り声をマイクがあまり拾ってなかったので、唸り声が蛇足だと言う恐妻も楽しめたようです。

赤いじゅうたんの大階段
d0204668_1274548.jpg


ホワイエでは休憩時間に生ビール飲みました
d0204668_1284417.jpg


南側に窓がありました。大同生命ビルが見えます
d0204668_12143411.jpg


喫煙コーナーがあって分煙されているのですが何しろ2,700人の収容人数なので休憩時間の煙の量は凄まじく、扉が開閉する度に煙が外に流れ出て鼻がムズ痒かったです。何度も言いますが私は禁煙原理主義者ではありません。でもあのような人がたくさん集まる所は禁煙にするか完全な分煙環境にして欲しいです。
おタバコを吸って席に帰ってきた方々のジャケットなどに煙の匂いもついてますしね・・・

一階席のロビー
d0204668_1294026.jpg


座席は1階26列目、真ん中でした。写真の感じよりは何倍か近いです
d0204668_12102431.jpg


それから、キース・ジャレット・トリオに限らずいつも思うのですが、拍手のタイミング外してる人たくさんいて興が削がれます。まだ曲の余韻に浸っている時に、ピアノの一音がまだ消えてないのに、誰よりも早く拍手をすることに血道を上げる人が必ず1人か2人居ます。ご存知の方も多いと思いますがキース・ジャレットはテーマ部分が終わってべースとドラムの演奏が終わっても長々とアドリブで独奏することが多く、いつ終わったのかはっきり分かる、例えばブルースのような曲で無い限り、最後の一音が消えてキースの手が鍵盤から離れないと終わりとは限りません。演奏に没頭して途中で拍手が入ったら気分悪いだろうとハラハラしてました。

次回から、勝手に拍手を始めたりピアノを触るのではなく、演奏者に拍手して良いですか?ピアノに触っても良いですか?と尋ねてからにして頂きたいと思います

まだあります。これは確か前半の4曲目、The Old Countryだったと思いますが、イントロを弾きはじめた時、ほんの2~3章節で数人から拍手が沸き起こりました。知ってる曲や好きな曲をやってくれて嬉しい、有難う!という意味なのでしょうが、拍手が早過ぎます。そこには大なり小なり「この曲は何か知っているぞ俺は偉いだろお前たちまだ分からないだろ」という心理があるはずです。いやらしいですね
この時はキース・ジャレットがイントロの演奏を中断して何かぶつぶつ言って苦笑してからまた演奏を再開してました。

d0204668_12284043.jpg


かと言ってそれぞれのパートがソロを演奏した後に拍手するなとも言いません。感動したら素直に拍手したり声が出るのは当然でそもそもジャズは自由に楽しむものですからね。私もアンコールの時はロックのコンサートみたいに指笛ピーピー吹いて楽しかったです

おっと、もうすぐ出勤時間なのでそろそろ切り上げます

セットリストはこちら。オンラインで拾ったので正確かどうか分かりません。後日、プロデューサーのHPに発表されたら確認して間違いがあれば訂正いたします

1st
1. All Of You
2. Django
3. The Bitter End
4. The Old Country
5. Straight No Chaser

2nd
1. Last Night When We Were Young
2. Conception
3. I Thought About You
4. One For Majid
5. I Fall I Love Too Easily

Encore
1. Bye Bye Blackbird
2. Anser Me, My Love
3. Things Ain't What They Used To Be

会場ではまもなく発売予定の新作がすでに販売されていました。
私はもう既にamazonで予約済なのでスルー。パンフレットを買う習慣もありません
d0204668_1254816.jpg


【送料無料】【輸入盤】Somewhere [ Keith Jarrett ]

【送料無料】【輸入盤】Somewhere [ Keith Jarrett ]
価格:2,615円(税込、送料込)


[PR]

by longrow1967 | 2013-05-13 13:00 | 日々の出来事


<< ベンリアック36年1976 T...      毎週土曜日はレディース・デー >>