2013年 06月 03日
紅鮭の混ぜご飯とカレイ煮付とスモークサーモンのサラダ #レシピ
おはようございます
タイガース藤浪とホークス打線の闘いを楽しみにしていました。TVでじっくり観ましたけど凄い投手ですね、藤浪は。まだ3月まで高校生の今年の誕生日で19歳、我が家の長女と同級生ですからね。身体の線が細いとは思いますが、1~2年で大きくなるでしょう。4勝してるので二桁勝利の可能性ありますし、菅野に負けず新人王獲って欲しいです。
ゲームはご覧通り5.6回に藤浪をとらえて2-0でリードするのですが、制球力を失くした先発パディーヤが7回に捕まり、今成の犠飛、桧山、柴田の連続適時打で3点を獲られ逆転されて負けました。

d0204668_85275.png


7回の先頭、2番目の打者に連続ヒット打たれた時点でそれまで低めに集まっていた球が高めに浮いていて交代時期かな?とは思いました。でもそこはそう簡単ではなくて、これまで先発投手が5~6回で降板することが多く中継ぎ投手陣に負担が大きいですしパディーヤ本人もそれまで好投していたので続投になったかもしれません。結果的に桧山の同点打の後も交代しなかったのが、裏目に出たと思います。投手の交代時期は難しいですね。前回までの3度の登板で投球回数5~7回、打者23~25人、83~101球、今回は6回2/3、27人、103球でしたので、このあたりが限界なのかもしれません。

次はきっと勝ってくれるでしょう。武田、寺原、大隣に続いて攝津も休養のために抹消されたのでパディーヤ、帆足、そして今日投げる山田に頑張ってもらわないと困ります。あと気になるのは内川ですね。2試合DHでしたが故障してる可能性あります。松中を1軍に上げる情報もありますし、今日は休ませるのかもしれません。

d0204668_93215.png


ロッテが負けたので首位との差は5ゲームのまま、このまま何とか食らいついて夏ごろには首位争い、秋には頭1つ抜けたいですね。

【紅鮭の混ぜご飯とカレイ煮付とスモークサーモンのサラダ】

さて、胃痛で不調の恐妻に代わって昨日の午前は早起きして買い物など家事手伝いで頑張りました。まあ休日の炊事登板は私なんですけどね。月~土曜は、肉食恐竜2頭のために鶏豚魚鶏豚鶏みたいな並びなので、日曜は魚をメインにしています。

※画像は全て借り物です。もっとも近いイメージを探しました

≪紅鮭の混ぜご飯≫

d0204668_10113372.jpg


☆準備するもの
米3合
紅鮭(中塩)2~3切れ(他の種類でもOK、生ではなく塩したもの)
白ごま
大葉(三つ葉でもOK)

☆作り方
米を洗ってザルにあげておく
鮭は魚焼き器などで普通に焼き、皮は適当な大きさに切って身を2~3cmにほぐす
骨はなるべく取り除くが小骨が混じっても気にしない←柔らかいので噛み砕けます
大葉もしくは三つ葉は1cm角くらいに刻んでおく

ご飯を炊いて、炊き上がったら鮭、白ごま、大葉を混ぜ込む。
三つ葉の場合は混ぜた後に上から散らすか、一緒に混ぜてもOK
熱々が美味しいのですが、炊飯器の保温機能をオフにして6時間くらい経つと鮭の旨味が
ご飯に移って美味しいのでお弁当やおにぎりにしても美味しいです

≪カレイのあっさり煮≫

d0204668_10104020.jpg


☆準備するもの
平べったい蓋つきの鍋が煮汁が魚を浸すので使いやすいです
カレイの切り身3切れ
木綿豆腐1丁
生姜3~5cm角の1かけ
酒100cc
醤油40cc
みりん40cc
水2カップ※

☆作り方
酒、しょうゆ、みりん、薄切り(あるいは針生姜)にした生姜を鍋に入れて沸騰させる
中火にしてカレイを入れ、ひたひたになるまで水を足す
※魚の大きさや鍋の大きさ、形で調味料と水の量を増減して下さい
3cm角くらいに切った豆腐を入れる(←煮汁が全部被る必要ありません、3~4分
でひっくり返してください)
蓋を30%くらい開けた状態で時々様子見ながら約7~8分煮る。
(←煮過ぎると身が壊れて固くなります)
煮ている間、魚には触らないこと。

平べったい木のへらか軟らかい素材のへらで魚が崩れないように皿に盛って、
豆腐、煮汁、生姜を持って完成。
家庭では省略しますが叩いた木の芽を飾るときれいですね。

今回はあっさりした味付けにしました。
砂糖大さじ3~4入れて醤油みりんも20ccづつ増量、弱火で煮汁が半分くらいになるまで煮ると
こってり甘口になります
漁師が船上に煮る時のように、酒と水だけで煮ることもあります。
魚が新しいとあっさり味の方が魚の味がよく分かって美味しいと思います。
お好みでどうぞ

≪スモークサーモンのサラダ≫

d0204668_1012139.jpg


☆準備するもの
スモークサーモンは切りおとしで充分です。重さ忘れましたけど我が家は4人前500円くらい

お好みの野菜
今回は、レタス、サラダほうれん草、ルッコラ、新玉ねぎ、キュウリ、ベビー・リーフ
赤パプリカにしました。

☆作り方
野菜は全部洗って水を切る
盛り付けの時の順番の逆に準備します

赤パプリカを縦に薄切りにする
新玉ねぎときゅうりは薄くスライス
ベビー・リーフ
サラダほうれん草とルッコラは1/2~1/3の大きさに切る
レタスは手でちぎる

水を切って冷蔵庫で30分くらい冷やしておきます
野菜の水を切るのに時間かかりますけど今は良いキッチン・グッズがあるので
短時間で切れますね

レタスから順番に皿に盛って、最後にサーモンを真ん中に載せる
お好みのドレッシングをかけてどうぞ

私はアルベーロ・ヴィラッジョさんのシーザーサラダ・ドレッシング(容器持って行くと180cc単位で売ってくれます)に黒胡椒か、あるいは、オリーヴオイルに塩・胡椒、レモン果汁が好きです。
サーモンの代わりにホタテ貝柱、鯛のお造りでも美味しいですね。

昨夜はビールから始まって、日本酒は新政を3合も飲んでしまいました^^;;


実家が塩干ものを扱っていたので、カレイといえば出平カレイ、あるいは一夜干しですね。最高級品は福井の若狭カレイでしょうか?1匹数千円します






関西人なら紅鮭、それも塩鮭、「本ちゃん」と呼んでました。
20数年前、確か良い形のものは1匹1万円超え。幼少から食べ続けた心の味ですがデパートなら一切れ700~1000円するでしょう。私の分際ではめったに買えません・・・

[PR]

by longrow1967 | 2013-06-03 10:31 | 日々の出来事 | Comments(0)


<< Whisky World / ...      Somewhere / Ke... >>