2013年 11月 30日
EAGLES DON KIRSHNER'S ROCK CONCERT 1974

※モルトウィスキー・オブ・ジ・イヤー2013の投票受付中です!匿名・一部門のみの投票もOK
詳細はこちらをご覧ください

※参加者募集中!スコ文研大阪南支部忘年会2013は12/7・16時~詳細はこちらをご覧ください

※バーンズナイト!2014@奈良の参加者募集中。詳細はこちらをご覧下さい
※おかげさまで満席になりました。キャンセル待ち受付中です。2014年2月15日(土)山崎蒸留所見学・セミナー

こんにちは
寒いですね・・・馬鹿なので風邪ひいたりインフルエンザにかかったり、インフルエンザなんか予防接種もしたことないのにかかったことありませんマスター@バー・ハヤフネ。ノロ・ウィルス流行の新聞記事も2~3日前にありましたし、皆さんどうぞお気を付け下さい!健康でなくては美味しいもの食べたり飲んだりできませんもんね♡

さてタイトルの件、台所仕事する時に寂しいので音楽♪聴くのですが広大な建坪約70坪の我が家のリビング・ルームにある高級ステレオ・セットからキッチンが遠く、音を鳴らそうと思うと大音響にせねばならずで、やや近いダイニングに置いてあるPCでユーチューブを観るわけです

前置きが長くてすみません

ある日、古いイーグルスの映像を探していると、リンダ・ロンシュタットとジャクソン・ブラウンをゲストに「Take It Easy」を歌ってる映像を発見しました。なんだこれは!?もしかして他の映像もあるかも?と探しましたがうまく見つからず今回入手した海賊版DVDを売ってる店に行きついたわけです。

映像も音質もイマイチですが十分楽しめるレベルですしDVDなので私が生きている間くらいは(よほどのことをしない限り)劣化しないでしょう。

さてダビング中のBDが使えないのでPCのDVDドライヴに挿入・・・

ウィンドウズ・メディア・プレーヤーでは認識せず再生せずフォーマットの違いか!?と焦りましたけどDVD映画観るためにDLしたソフトを起動すると再生できたのでホっとしました

EAGLES DON KIRSHNER'S ROCK CONCERT 1974
SPECIAL GUEST LINDA RONSTADT & JACKSON BROWNE

ペラペラの紙のホルダーに入ってこのようなものが封筒に同封されてました
よく米国から無事に到着したものです(^^ゞ
d0204668_1336912.jpg


メンバーは

Glenn Frey
Don Henley
Bernie Leadon
Randy Meisner
Don Felder
Linda Ronstadt
Jackson Browne
David Lindley

ロンダ・ロンシュッタット以下はゲストですね。今更イーグルスの成り立ちとか語りたくありませんから見送りますがただ、最近のメンバーにはドン・フェルダーが入ってないことには納得できません。うわべだけサラっと調べると「バンドに貢献していない」などとグレン・フライとドン・ヘンリーに解雇された、とのこと。印税収入の配分でもめたとかいろいろ言われてますけど、貢献してないっていくらなんでも「ホテル・カリフォルニア」の作曲者ですからねドン・フェルダーは。それにあのギター・ソロが無ければ曲が成立しないでしょう。酷い話です。
フェルダーが訴訟して最後は和解したそうです。

d0204668_1424293.jpg


いつかDフェルダーも一緒にステージに立つ日が来ることを祈るだけです・・・まあ難しいでしょうね

さてDVDの中身ですけど以下の通りとなっております(実はパッケージともCD版とも違うことが観てから判明したので並べ替えました)

01. show intro
02. Eagles - Peaceful Easy Feeling
03. Eagles - Already Gone
04. Linda Ronstadt and Eagles - Silver Threads and Golden Needles
05. Linda Ronstadt and Eagles - Desperado
06. Eagles - Good Day In Hell
07. Eagles - Midnight Flyer
08. Eagles - Twenty One
09. Jackson Browne and David Lindley - Looking Into You
10. Eagles - Doolin-Dalton > Desperado Reprise
11. Eagles - James Dean
12. Linda Ronstadt and Bernie Leadon - It Doesn't Matter Anymore
13. Eagles - Ol' 55
14. Jackson Browne and Eagles - Your Bright Baby Blues
15. Eagles, Linda Ronstadt and Jackson Browne - Take It Easy

Total time: 68:07

04あたりからの展開はおじさん涙チョチョキレです。このうちの数曲は今ではもう長い間ライヴで演奏してないんじゃないですか?

バーニー・リードンの08なんか初めて聴きました。「イーグルス・ファースト」に入ってるのかな?後で調べてみます。というかスタジオ・レコーディング全部CD持ってない(レコード買ってその後放出)ので紙ジャケの安いボックス・セット買おうかな?

04と12はリンダ・ロンシュタットの持ち歌で、05も彼女のアルバムで歌ってますね。ドン・ヘンリー版よりも好きです。今ではもうえらいおばちゃんになってて驚きですが、いやそれあ歳とるはずですよ我々も

ここまで観てきてやっと気づいたのですがDVD版とCD版とでは曲順が違います。後で並べ替えました

Doolin-Dalton からの Desperado Reprise への展開なんて痺れます。ドン・ヘンリーの声も若くて溌剌、高温が伸びてますからね

Linda Ronstadt and Bernie Leadon - It Doesn't Matter Anymore

これも貴重な映像じゃないでしょうか?こんな組み合わせで再現したらおじさん涙止まらないかもしれません・・・あ~古き良き70年代・・・

「Ol' 55」も貴重かな・・・

Eagles, Linda Ronstadt and Jackson Browne - Take It Easy のキャプチャー写真↓
d0204668_1431483.jpg


JBの「Your Bright Baby Blues」はラストの「Take It Easy」の前に挿入されてて扱いが重要ですね

おおっ!始まった「Your Bright Baby Blues」しかもアコースティック・ギター1本でスタート!最近はソロ・ツアーもやってましたけどね。ドラム、ピアノ、ベース、D・リンドレーのスティール・ギターも導入・・・
それにしてもこの人は変わりませんな歳とっても・・・

蛇足ですが「Take It Easy」はJBの曲ですし、「Peaceful Easy Feeling」も?
GフライがJBからソング・ライティングを習った、というようなエピソードも何かで読みました。今のイーグルスの人気には大なり小なりJBの影響や貢献があったんですね。

あと、Rマイズナー脱退は「もっと歌わせろ」「ダメだ」ということだったそうで、以前RMが在籍したポコからTBシュミットが高音、ベースで代わりにイーグルスに参加という因縁話も有名ですよね

・・・数年前JBがライヴで『ずいぶん長い間歌ってなかった曲なんだけど、もう気にしてないんだ』と話して会場爆笑、「Take It Easy」を歌ってました

時間が無いのでそろそろまとめます
67年生まれの私は確か小6、1979年に初めて洋楽、イーグルスを聴いてそれ以来の付き合いです。確か1980年に一旦解散してるのでギリギリ、リアルタイム世代ですね。10数年前に甲子園で1980解散時のメンバーのライヴを観た時は本当に嬉しかったですよ
近々にMDに落として、店に持参します。聴きたい人はどうぞリクエストして下さい♪

「Take It Easy」

あ~、もう終わりか・・・34年、もう何度聴いたか分からないテーマ・ソングみたいなもんなんです。・゚・(ノД`)・゚・。

コーラス部分が良いですね。R・マイズナーはイーグルスの高音パートで2番から合流、JBとリンダがハモってます。真ん中のギター・ソロはオリジナルと殆ど全く同じで、バーニー・リードン(ちなみに彼はハード・ロックにシフトしていくのが嫌でメンバーから外れたそうで喧嘩別れしたわけではないので今でもゲストでステージに上がったりするそうです)が弾いてます。2番目のソロも最後のソロもバーニーですね。Dフェルダーが控えめにカッティングしててめちゃカッコいいです

以上

海賊版に手を出すとキリが無いのでもう止めておきます、たぶん(^^ゞ




コレクションとライヴの2枚組持ってるんですけど終売?






[PR]

by longrow1967 | 2013-11-30 12:00 | 日々の出来事 | Comments(0)


<< 初冬の吉野山に登って道を間違え...      お粥と リトルミル1990 2... >>