2013年 12月 06日
イーグルスのスタジオ録音6枚ボックス・セットを買ってみた #Eagles Studio Albums 1972-1979 
※モルトウィスキー・オブ・ジ・イヤー2013の投票受付中です!匿名・一部門のみの投票もOK
詳細はこちらをご覧ください
※当日の飛び込み参加も大歓迎です。お電話下さい。スコ文研大阪南支部忘年会2013は明日12/7・16時~詳細はこちらをご覧ください
※バーンズナイト!2014@奈良の参加者募集中。詳細はこちらをご覧下さい

こんにちは
木曜午後の予約投稿です

標記の件、買ってみました。

d0204668_1581290.jpg

http://www.amazon.co.jp/Eagles-Studio-Albums-1972-1979/dp/B00B7VPKMY

CD持ってるのは「呪われた夜」「ホテル・カリフォルニア」の2枚のみ、あとはオフィシャルの「イーグルス・ライヴ」でしたので、他のスジオ・レコーディング4枚聴きたかったわけです。「オン・ザ・ボーダー」「ロング・ラン」「呪われた夜」「ホテル・カリフォルニア」はレコード持ってたんですけど高校生か大学生の時にCD時代に突入、売ってしまいましたんですね。 『イーグルス・ファースト』と 『ならず者』は殆ど初めて通して聴きました。
ヒット曲はコレクションやベスト盤に入ってるので足りていたわけです。

何度かもう通して聴きましたけど、隠れた名曲と言ってもせいぜい「オン・ザ・ボーダー」以降ですね。ここは好き嫌いなので議論しても仕方がないところです。

さて、「イーグルス・ファースト」に収録されてる「ピースフル・イージー・フィーリング」と「テイク・イット・イージー」がジャクソン・ブラウンの作品と先日書きました。調べると「ピースフル~」はジャック・テンプチンの曲でした。残念ながらこの2曲以外に聴くべき曲は無く、ボックス・セットでなかったら購入する必要を感じません

『ならず者』もタイトル曲とリプライズ、「テキーラ・サンライズ」、「サタデー・ナイト」くらいですかね。タイトル曲はスーパーフライとか平井堅とかコブクロとか日本人がけっこうカバーしてます。リンダ・ロンシュタットが有名ですね。いろいろ噂がありそうなジャケットです

『オン・ザ・ボーダー』からこれまでカントリー・ロックだったのがロックに変化します。先日紹介した海賊版DVDはこのアルバムが発売された後のライヴですけど、DフェルダーとBリードンが出てましたね。Bリードンはこのアルバムの次の『呪われた夜』を最後にイーグルスを去りました。「我が愛の至上 - THE BEST OF MY LOVE」 酷い邦題ですけどこれは1979年頃の解散直前のライヴではアンコールの最後に歌われていたそうで、是非マスター・テープからリマスターしてCD化して欲しいものです。レッド・ツェッペリンみたいに

『呪われた夜』はDフェルダーのギターを全面によりハードになったアルバムで全米№1ヒットかな?タイトル曲聴くためだけに購入する価値あります。
おなじみ『ホテル・カリフォルニア』、これだけCD持ってるという人も多いのでは?Dフェルダーと新加入のJウォルシュ、特に作曲はDフェルダーなので彼失くしてイーグルスは成立しないのに、という話は前回書きました。彼がメンバーに入ってないイーグルスはイーグルスでは無くてコンドルスです
『ロング・ラン』にはタイトル曲以外にもイン・ザ・シティ - In the City、ディスコ・ストラングラー - The Disco Strangler、ゾーズ・シューズ - Those Shoes、サッド・カフェ - The Sad Café、と名曲揃いで前作と同じくらいの高い評価するべきだと思ってます。この最後のアルバムはGフライとDヘンリーのその後のソロ活動の方向性を示している部分あると感じました。

音質については、ファーストからホテル~の5枚のみリマスターでロングランだけ品質悪いです。これだけ買い直したいくらい。こだわりないなら安いので買いです。こだわりある人はオンザボーダーからロングランまで高音質のCDを購入することをおすすめします

一応、amazonの売り口上をコピペしときます

『1970年代--アメリカン・ドリームに憧れ、ほろ苦い青春を送る僕らの傍には、常に彼らの音楽があった。
『イーグルス・ファースト』から『ロング・ラン』まで、70年代イーグルスの歴史が遂にあの衝撃価格BOXで登場!
■ 続々とBIG NAMEが参入しているあの衝撃価格BOXに…遂にあの歴史的バンドが登場!!
■ 「テイク・イット・イージー」、「ならず者」、「テキーラ・サンライズ」、「我が愛の至上」、「呪われた夜」「いつわりの瞳」「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」、そして「ホテル・カリフォルニア」…
■ 人生という“ロング・ラン”も半ばを過ぎた今だからこそ振り返りたいあの時、あの音楽。すべての永遠の「ならず者」たちに贈るBOXセットがここにある。
■収録アルバム■
【DISC 1: 『イーグルス・ファースト』】
新時代のウエスト・コースト・ロックの幕開けを告げた記念すべきファースト・アルバム。
ジャクソン・ブラウンとの共作により象徴的なナンバー「テイク・イット・イージー」収録。(1972年/1stアルバム)
【DISC 2: 『ならず者』】
アウトローを題材としたコンセプト・アルバム。グレン・フライとドン・ヘンリーの強力なタッグによって誕生した名曲「ならず者」、「テキーラ・サンライズ」収録。(1973年/2ndアルバム)
【DISC 3: 『オン・ザ・ボーダー』】
ドン・フェルダーが正式加入し、よりロック色を強めたサード・アルバム。「我が愛の至上」が大ヒットを記録。
(1974年/3rdアルバム)
【DISC 4:『呪われた夜』】
一段とスケール・アップし彼らの名を不動のものにした、初の全米NO.1アルバム。
「呪われた夜」「いつわりの瞳」「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」収録。(1975年/4thアルバム)
【DISC 5:『ホテル・カリフォルニア』】
70年代を代表する不滅の最高傑作アルバム。本作よりバーニー・リードンに代わりジョー・ウォルシュが参加。よりパワフルかつ切れ味のよいサウンドがここに完成。(1976年/5thアルバム)
【DISC 6:『ロング・ラン』】
本作より、ベーシストとしてティモシー・B・シュミットが参加。ダークな官能美に包まれた70年代最後のアメリカン・ドリームを体現する実質上のラスト・アルバム。(1979年/6thアルバム)』


[PR]

by longrow1967 | 2013-12-06 15:00 | 日々の出来事 | Comments(0)


<< 営業時間のお知らせ      鰤の粕汁で温まる #レシピ >>