2014年 03月 25日
グレンドロナック21年1992 NBA銀座 このあたり大なり小なりサルファりーではありますが・・・ 
こんにちは
予約投稿@月曜の朝です
日曜の朝早い→日曜の夜眠くて早く寝る→月曜の朝早く目覚める→月曜の夕方から火曜の朝3時まで営業、火曜の朝7:30頃就寝のパターン繰り返しです

さて標記の件、NBA{(社)日本バーテンダーズ・アソシエーション}銀座支部の支部長、須田善一氏が自ら蒸留所を訪問し数々のサンプルの中からお選びになったグレンドロナック1992オロロソ・シェリー・バットです

※なぜか写真がアップできないので上記リンク先のPDFファイルをご覧ください
おそらくexciteブログのバグだと思いますが復旧したらまたアップします

d0204668_851533.jpg

グレンドロナック21年1992 NBA銀座
カスク#394 55.5%
2,000円/35ml 1,200円/17.5ml

バー・ショーの1993の前後や先日紹介したバッチ#9の1993などこのあたりのオロロソバットはドライフルーツ、特にレーズン、いちじく、プルーン。那智黒、ウッディ、オロロソ・シェリー、さらにチョコレート、コーヒー、カカオ、さらにナツメグ、シナモン、クローブのようなスパイス感やバナナのような果実味と嫌味のない上品な苦みが強弱はあってもだいたい共通した香味があるんですけど、サルファ―、要するに硫黄っぽい感じも大なり小なり存在しますね。この1992も僅かながらサルファりーです

サルファりーに関しては私はそんなに許容範囲小さい方ではありません。この程度なら他の香味を圧倒するほどではないしアクセントの一つとして十分楽しめるのですが、懐の狭い人は無理かもしれませんね当然ですが。好みの範囲でしょうか?是非お試しください

その他のグレンドロナックはタグ ”グレンドロナック” ↓をクリックして下さい


[PR]

by longrow1967 | 2014-03-25 12:00 | 新着ボトルと最近のおすすめ


<< 春日奥山・月日亭に行ってきた ...      ハイランドの中で出遅れ感のある... >>