2014年 09月 17日
島原→京都水族館 その二
こんにちは
原価バー@長堀橋です。詳細はこちらをご覧ください。ウィスキー、ワインなどの情報はカテゴリからどうぞ。全部アップしていませんのでおすすめは店頭でお尋ねください

前回≪広間には島原の成り立ち、花街と遊郭の違いとか揚屋と置屋の違いとか、建物や美術品などの説明をしてくれるガイドがいてなかなか勉強になりました≫というところまで書いてそのつづきです

広告に使われていた広間かな?
d0204668_6241339.jpg


d0204668_6241937.jpg


次の広間へ行く廊下から元来た帳場や神棚のある部屋を望む
d0204668_6245715.jpg


d0204668_6255788.jpg


二つ目の広間入口から庭を望む
d0204668_6263533.jpg


d0204668_627202.jpg


ここでもガイドが話してました
d0204668_6274567.jpg


ここから次の「輪違屋」です。徒歩3分。看板もあり迷うことは無いでしょう

幕末、謀議や会合の中心が島原から祇園に移った時、多くが移転したそうで、角屋のような大所帯は移転が難しかった、とのこと。今では文化財として保存されています

輪違屋は角屋よりも2周りくらい規模が小さい建物でした。ただし見学料は600円。角屋のみカラーの立派なパンフもらいましたし、メンテナンスも必要、まあこんなもんでしょうか?高い?(^^ゞ

d0204668_6314322.jpg

d0204668_6313859.jpg

d0204668_631341.jpg

d0204668_6313146.jpg

d0204668_6312764.jpg

d0204668_6312095.jpg


島原大門を後に・・・
d0204668_6404029.jpg


腹ごしらえしてから京都駅に戻る途中に在る京都水族館へ行くのですが、七条の交差点、龍谷大学文学部の近くに行列のできている洋食屋さんに遭遇。隣にカレー専門店がありこちらにも短い行列ができていて魅かれたのですが気分は洋食。

これが失敗でした

3組目だったのですが12:30並び始めて店内に入れてもらえたのは50分後、お料理出てきたのはさらにその10分後でした。見渡すと店内約20席なのに料理している人が1人、アシスタント1人、ホール2人。料理する人が少ない・・・・

店名はふせておきますがもし特定されてもおススメしません。並んでる時に「食べログ」で口コミ調べたのですが概ね高評価で、行列もできているし・・・あてにならないことを何度目かで認識しました

恐妻と私が選んだのは本日の盛り合わせセット1,500円。今は無き「しき浪」のAランチが1,200円だったのでちょっとお高い。でも京都の観光地、というか水族館に近いのでこんなもんでしょう

キャベツのサラダと漬物
d0204668_6435039.jpg


写真の枚数制限きたのでまたつづく・・・・





[PR]

by longrow1967 | 2014-09-17 12:00 | 日々の出来事 | Comments(0)


<< 島原→京都水族館 その三      9/16(火) 営業時間変更の... >>