2014年 10月 27日
野口久光シネマ・グラフィックス展を観て牡蠣とイタリアン→1勝1敗で福岡へ #sbhawks #日本シリーズ 1/2
こんにちは
選択制原価バー@長堀橋、現地での営業は残り5営業日となりました。もし営業中に鷹日本一もしくは虎日本一いずれにしても特別何もありません念のためw
皆様のご来店お待ち申し上げております(10/31は混雑が予想されますのでできるだけ月~木曜日に来て下さい、ただし11/1深夜は除く)

d0204668_1004459.jpg


さてタイトルの件、良いお天気の日曜日、京都文化博物館に「野口久光 シネマ・グラフィックス展」に行ってきました。

d0204668_9253898.png


野口久光さんのお名前を見たことも聞いたこともありませんでしたw 恐妻のリクエストです(^^ゞ

詳細は実際の展示や上記のリンク先をご覧になってもらうとして、展示されている作品で少しでも知ってたのはジャズの肖像画や写真くらいで、映画は唯一「沈黙の世界」だけでした。「禁じられた遊び」や「大人は~」、「第三の~」など有名な映画のポスターもありましたけど映画そのものを観ていないので感動も少なかったかも?でもドキュメンタリーの「沈黙の~」が日本で劇場公開されていたのも知りませんでしたし、公開初日の劇場の風景写真を見て驚きました

大阪の実家にオリジナルVHSビデオがあるので持って帰ってDVDにコピーしなくては!


私の幼少期に大きな影響を与えた映像や番組といえば「野生の王国」や「マチャアキ海を行く」などいろいろありますけど、最も大きいのはこの「沈黙の世界」でした。背中にタンクを背負ったダイバーが海中で呼吸しながらいろいろな研究活動するんですよね、絶対これやりたい!と思いました。小学生くらいの時です。

その後その夢が実現してハワイでPADIインストラクターの資格を取って帰国後、芦屋市のダイビング・ショップに勤めるわけなんですが、そのハワイ滞在中に書店でクストーが海洋調査用に改造した船、カリプソ号の大判カラー写真本を見つけて購入しました。埃被ってはいますが今でも手元にあります・・・

これです。写真は借り物です。アマゾンでも品切れのようですね。洋書の古書を扱うショップにしか無いかも?ヤフオクで売ろうかな?www
Calypso. Abenteuer eines Forschungsschiffes. Perfect – 1984/7/1
Jacques-Yves Cousteau (著), Philippe Diole (著)

d0204668_9472833.jpg


シネマ・グラフィックス展の展示品と解説見てると2~3観てみたい映画がありましたので、たぶん無いと思いますが(^^ゞ地元のTSUTAY○で探してみようと思います

d0204668_100519.jpg


京都文化博物館の4F特別展示は今回一般千円で朝日友の会会員は団体料金の800円でした。3階と2階はまた別の展示があって、2階は常設展のようで(京都の歴史と文化)、なかなか見応えありました。外壁も内装も一部改装して綺麗になってましたけど外装は以前の煉瓦を活かして改修した方が良かったかも?

d0204668_9584158.jpg


近所にカルバドールさんとかK家さんとかラム&ウィスキーさんとか、ラッケンブースさんとかウィスキー処いっぱいあるので是非飲む前についでに博物館も行ってみて下さい

小一時間で観て回り、錦市場方面へ移動しました。最終目的地は京都駅です。近鉄京都駅からだと座って帰れますからね

烏丸御池駅~京都文化博物館~錦市場
d0204668_1095379.png


恐妻が「カキフライ」食べたいというので京都駅までの道すがら洋食店があれば?と歩いていたら錦市場に「だいやす」という牡蠣専門店を発見、12時の開店前に並んで待ちました。3組目かな?

生牡蠣 2個で626円、この大きさで1個300円余はやはり観光地価格ですね。
でも殻を剥いたばかりで新鮮?美味しかったです
d0204668_10123484.jpg


焼き牡蠣 626円
d0204668_1015299.jpg


カキフライ 626円 
注文時に何個?と聞いたら5個です、というので1人前だけにしたら4個でした(^^ゞ
奥に見えるのは二階堂のミズワリw
d0204668_10151920.jpg


秋刀魚のお造り 626円
新鮮で脂も多く美味しい秋刀魚でした。でもこの量で626円はやはり観光客向け価格
ちゅか観光客なんですけどねw
d0204668_10165999.jpg


生ビール1と二階堂のミズワリ1と合わせてお会計3,700円ちょっとでした。
美味しいけど高い・・・

飲まない恐妻が「前菜みたいなものだ、メインを食べに行こう」と言うので近所をうろうろ探した結果、イタリアン3店に絞り、見て回ると市場を少し入ったところにある路地の奥に「まつむら」というイタリアンに決定。その他の2店は1つはバル風でグループで飲んでる人が多くて騒がしく、もう1店はメニューの意味が解読不能という酷い店先でしたので見送りました

これは夜のメニュー
d0204668_10213872.jpg


2人とも前菜+パスタ+デザート+エスプレッソかカフェラテの1,580円ランチにしました
他にメイン料理がついたものや、カルボナーラのランチもあり

自家製らしい豚のハムと生ハムのサラダ仕立て
美味かったです。グラス赤ワインを注文して恐妻に睨まれました(^^ゞ
d0204668_1022821.jpg


パスタは2種から選べて、かみさんは貝柱のトマトソース、私はモッツアレラ入りクリームミートソース
d0204668_10243788.jpg


おそらく80gのパスタは食べ応えあり。とにかくお上品な量のイタリアンが嫌いなんですよね夫婦とも
・・・でも太ってるのは私だけです為念
d0204668_10265988.jpg


美味しい。飛び込みでこんな美味しいイタリアンに出遭うことってめったにないくらい美味しいんですが、
油の使い方と塩加減はアルベーロ・ヴィラッジョの木村シェフの方が好みです。
「まつむら」シェフのはやや日本人好みのあっさり目に調整した感じ、木村氏のはいつも言いますが「ギリギリ」

パンナコッタ フルーツと一緒に食べると絶妙でした
d0204668_10301161.jpg


つづく








[PR]

by longrow1967 | 2014-10-27 12:00 | 日々の出来事


<< 野口久光シネマ・グラフィックス...      W社(主にカリフォルニア)ワイ... >>